• a
  • a
  • a
インフォメーション
ニュース&お知らせ
2020年2月のニュース
「2014酒まつり」の経済波及効果は約32.6億円
公益社団法人東広島市観光協会と酒まつり実行委員会が、「2014酒まつり」の経済波及効果を計算した結果、広島県下で32憶5,962万円となりました。
平成2年に誕生した「酒まつり」は、お酒に係る様々な文化的な取り組みも積極的に行っていることから、大人も子どもも、お酒を飲む人も飲まない人も楽しめる祭りとして、酒都の名を冠する東広島市の地域文化醸成と地域活性化の一翼を担っています。
「酒まつり」の経済波及効果についてはこれまで調査を行ったことがありませんでしたが、今回初めて外部機関に推計業務を委託(一般財団法人ひろぎん経済研究所)して得られました経済波及効果は、その規模や県経済への影響等の観点からみて、相当大きなものだと評価できるのではないかと自負しております。
今後とも「酒まつり」が、地域の発展、まちのにぎわいづくりに寄与貢献できる「地域の財産」として位置付けられると改めてご認識していただければ幸いです。
2014酒まつり経済波及効果調査結果の概要については、「のん太INFO 報告など」に掲載しています。2014酒まつり来場者アンケート調査結果も併せてご覧ください。

・2014酒まつり経済波及効果調査結果の概要
http://www.hh-kanko.ne.jp/event/pdf/2015/2014sakematsui-keizaikouka.pdf

・2014酒まつり来場者アンケート調査結果
http://www.hh-kanko.ne.jp/event/pdf/2015/2014sakematsui-inquiry.pdf
2020/02/05
最近のニュース
履歴