2012東広島観光展

酒蔵通りがこれからも「東広島の顔」として街の活気を演出する観光スポットとして存続してもらいたい。そんな、ささやかで熱い思いを伝えたい...

広島大学教職員や新入学生を中心に東広島市の魅力を様々な視点より伝え、全国各地から来ている大学生に東広島市を知るきっかけづくりとする。地域に開かれた大学を目指す広島大学と、地域との交流の場として定着させる。

 【開催日】

平成24年6月23日(土)~7月8日(日)9:00~16:30(土日は10:15~)

※6月28日(木)図書館休館

 【場所】

広島大学中央図書館 「地域・国際交流プラザ」

 【入場料】

無料

 【内容】

(1)文人たちの「酒」への想い~第15回国民文化祭・ひろしま2000 東広島会場の記念モニュメント~に登場している作家たちの紹介【新規】

賀茂鶴2号蔵の南側にある「第15回国民文化祭・ひろしま2000 東広島会場の記念モニュメント(通称:酒のモニュメント)」。モニュメントには、井上靖ら日本を代表する作家・文人たちのお酒に対する思い入れの深いエッセイとサイン、「酒」の文字の揮毫がしたためられている。このモニュメントを再現し、一人一人のプロフィルを紹介して代表作が読めるようにする。図書館では各作家の作品を揃えて展示なども行う。

(2)酒蔵通り・酒蔵などを使った学生のイベント紹介【新規】

①酒蔵通り元気プロジェクト

②7月以降に学生たちが酒蔵などを利用して行うイベントの告知

(3)広島大学学生による酒蔵通り探検記(第2回東広島観光展モニターツアー)

5月27日(日)10時~15時に酒蔵通りを訪れた広島大学の大学生(日本人学生10人+留学生11人)が実際に現地で行った観光体験を、留学生や大学生の視点から感じた「酒蔵ゾーン体験記」として作成し、生の声を入れたパネルにして展示する。当日取材した広島大学広報誌『HU-style』の学生スタッフ2人が内容をまとめた。

(4)大学内スタンプラリー「キャンパスまるごとスタンプラリー」(広島大学総合博物館企画)

期間中/火~土曜日 10:00~17:00(土曜日は総合博物館のみ)

地域の人や大学生が楽しんで大学構内(ポイント5箇所)を歩けるように実施。スタートは会場、ゴールは広島大学総合博物館。ゴールした人には景品をプレゼントする。

(5)東広島物産市

東広島市農林水産課、地産地消応援店、東広島市農林水産物販路拡大推進協議会と協力して7月4日(水)10:30~14:00、中央図書館前にテントを設営して地元産品を販売して特産PRを行う

(6)「東広島検定」に挑戦!!(東広島ボランティアガイドの会との連携)

東広島検定の実施(月・水・金、13時~15時の限定企画)、市内の見どころも紹介

(7)観光基本情報 など

 【主催】

社団法人 東広島市観光協会

 【共催】産学・地域連携センター(地域連携部門)、広島大学図書館、広島大学総合博物館

【協力】東広島ボランティアガイドの会、東広島市農林水産物販路拡大推進協議会

 【問い合わせ】

TEL 082-420-0310 (東広島市観光協会)

TEL 082-424-6226 (広島大学図書館地域交流主担当)

このブログ記事について

このページは、のん太が2012年6月21日 15:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「第6回 東広島映画祭」です。

次のブログ記事は「第6回 東広島映画祭 シネマ カフェ&バー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。