東広島・西条をご来訪される多くの皆さまに、酒蔵などの酒造施設群を通して風情のある街並みや日本酒文化にふれていたきます。酒蔵は、平日はもちろんですが、全てではありませんが土曜・日曜・祝日にも営業してお酒の試飲などが楽しめるようになっています営業している酒蔵は、目印として「ようこそ醸華町西条」看板(下)を置いており、周辺の飲食店、土産店なども、皆さまのご来店をお待ちしています。

※お知らせ 賀茂鶴酒造では、12月6日から見学室直売所で酒造りに携わる社員が、来場者から意見や要望を聞き、酒造の説明をしながら今後の酒造りに反映させるサービスを始めました。主に試飲コーナーに交代で立つもので、毎週金曜日午後1時~午後4時30分まで対応。詳しくは、同社HP(https://www.kamotsuru.jp/tour/)でご確認を。 

お願い ボランティアガイドを利用しない場合は、事前に蔵元へ見学希望の連絡をしてください。ボランティアガイド利用の場合はガイドが連絡を取ります。ご理解のほど、なにとぞよろしくお願いいたします。

1214-15キャプチャ.PNG

※予定は変更になることがあります。あらかじめご承知おきください

問い合わせは、各蔵元および西条酒蔵通り観光案内所TEL 082-421-2511
(10時~16時、月曜日休/月曜日が祝日の場合は翌日)へ。

↓ この看板が目印です

酒蔵開放看板 低解像度.JPG

平成30年7月豪雨災害のような、土砂災害と洪水、内水氾濫が複合的に発生し、広範囲に被害をもたらす「相乗型豪雨災害」のメカニズム解明を進め、新たな土石流の予測技術と予防技術につなげる研究に対し、広島大学がクラウドファンディングを募っています。広島大学への寄附に対しては、確定申告を行うことで税制上の優遇措置が受けられます。

2020-bousai-gagarayama.jpg
クリックでPDF資料をご覧になれます。

【プロジェクト名】
「土石流の被害を防ぐ。広島ががら山実証実験プロジェクト、始動。」
https://readyfor.jp/projects/bousai-gagarayama

【目標金額】
300万円

【寄附募集期間】
令和2年1月16日(木)午後11:00まで

【研究の概要】
「ががら山実証実験プロジェクト」では、山の中に観測ポイントを設けて、気象、地下水、地形の基礎データを蓄積。今回のクラウドファンディングで1カ所を整備し、その結果を踏まえて、公的な資金による大規模な研究を実施する。

【プロジェクトの詳細、支援の申し込み】
READYFOR のウェブサイト https://readyfor.jp/pp/hu から
税制上の優遇措置は https://www.hiroshima-u.ac.jp/iagcc/katudou/kifu/tax

日本には、1月1日(元日)の日の出を初日の出として拝む習慣があります。1年に一度の最初の夜明けは特にめでたいとされ、初日の出参りを行う人は数多くいます。令和2年、令和の年の最初の初日の出をみんなで迎えませんか。東広島商工会議所青年部の伝統行事です。

2020-ryuouzan.jpg
クリックでPDF資料をご覧になれます。

【日にち・場所】
令和2年1月1日(祝・水)
龍王山(東広島市西条町、標高575m/JR西条駅北側、憩いの森公園の北)

【集合場所・時間】
御建神社(JR西条駅北側)に集合。5:00頃に出発。日の出は7:15頃。
※少雨決行。悪天候で中止となる場合もあり。中止のときは、前日午後8時に東広島商工会議所青年部ホームページ(http://www.hhyeg.jp/)で告知

【恒例行事】
餅つき・餅まき、ふるまい酒(鏡開き)、かす汁・お汁粉の振る舞いなど。お土産は、お年玉とミカン。大絵馬祈願などもあります。

【問い合わせ】
TEL 082-420-0302(東広島商工会議所)

第32回東広島市美術展・Ⅰ期展(絵画)

東広島市美術展は、「文化の香る学園都市・東広島」の創造を目指して始まった美術展です。Ⅰ展では絵画を展示します。Ⅰ期展終了後、Ⅱ期展(書)は令和2年2月1日(土)~2月9日(日)、Ⅲ期展(彫刻、工芸、写真、デザイン)は令和2年2月15日(土)~2月23日(日)にそれぞれ開催されます。

【会期】
令和2年1月18日(土)~1月26日(日)
開館時間は10:00~17:00(入館は16:30まで)
※初日(1月18日)は表彰式終了後から入場

【会場】
東広島市立美術館(東広島市八本松南2丁目1番3号)

【内容】
絵画の部の入賞・入選作品及び審査員招待作品を展示。初日、表彰式後の午前10時40分からは絵画の審査員作品講評が行われる。

【入館料】※Ⅰ期展、Ⅱ期展、Ⅲ期展のいずれも
一般100円(70円)、大学生70円(50円)、高校生以下は無料 ※( )は20人以上の団体料金 

【問い合わせ】
TEL 082‐428‐5713(東広島市立美術館)

酒蔵通り 12月のイベント情報

酒蔵通り・酒蔵地区で開催されるイベント情報を満載。「酒蔵通りのお決まりイベント」「その他のイベント」も随時掲載します。

2019_eve12.jpg
クリックでPDF資料をご覧になれます。(A3ポスター)

★A4チラシ(表面) ★A4チラシ(裏面)

2019年12月蔵元営業時間予定表の訂正 A3ポスター、A4チラシ(表面)の     賀茂鶴酒造・12月29日(日)は休みです。ご注意ください。

【期間】
令和元年12月1日(日)~12月31日(火)
※令和2年1月からの主な行事予定も掲載しています。

【場所】
西条・酒蔵通り一帯

【問い合わせ】
各主催者・団体へ
※くぐり門だよりでは、酒蔵通りに限らず市内のイベント情報を募っています。掲載は無料。掲載希望団体・グループは(公社)東広島市観光協会まで連絡してください。なお、必ずしもご希望に添えない場合もありますので、あしからずご了承ください。
TEL 082-420-0310
Eメールoffice@hh-kanko.ne.jp 件名に「くぐり門だより」と記してください。

東広島・西条をご来訪される多くの皆さまに、酒蔵などの酒造施設群を通して風情のある街並みや日本酒文化にふれていたきます。酒蔵は、平日はもちろんですが、全てではありませんが土曜・日曜・祝日にも営業してお酒の試飲などが楽しめるようになっています。営業している酒蔵は、目印としてようこそ醸華町西条看板(下)を置いており、周辺の飲食店、土産店なども、皆さまのご来店をお待ちしています。

お願い ボランティアガイドを利用しない場合は、事前に蔵元へ見学希望の連絡をしてください。ボランティアガイド利用の場合はガイドが連絡を取ります。ご理解のほど、なにとぞよろしくお願いいたします。

※予定は変更になることがあります。あらかじめご承知おきください

キャプチャ1130-1201.PNG

問い合わせは、各蔵元および

西条酒蔵通り観光案内所 TEL 082-421-2511
(10時~16時、月曜日休/月曜日が祝日の場合は翌日)へ。

 この看板が目印です

酒蔵開放看板 低解像度.JPG

2019世界ジャガイモ掘り選手権

東広島市安芸津町ののさらさらとした赤土の段々畑で育ったジャガイモは、ホクホク感と甘みがあり、のど越しの良さに定評があります。瀬戸の島々の景色を眺めながら思いっきりジャガイモ掘りをしませんか。

2019-wjyagaimo.jpg
クリックでPDF資料をご覧になれます。

【日時】
令和元年12月7日(土)
9:30集合、15:00頃現地解散

【集合場所】
①電車を利用/JR安芸津駅(東広島市安芸津町三津)
②自家用車を利用/安芸津フェリー乗り場(東広島市安芸津町三津4215-16)

【会場】
有田園芸農場の段々畑(東広島市安芸津町赤崎)

【内容】
▽ジャガイモほり体験▽トラクターやイモ掘り機などの農業機械体験▽ジャガイモで作ったコロッケ・ラーメンなどの加工食品の無料試食▽各農産物の販売▽その他コンテストやクイズで商品GET‼

【参加費】
大人2000円、小学生1000円(お土産付、保険代込)、・乳幼児無料
※別途、800円で昼食(弁当)の注文を受ける

【問い合わせ】有田園芸農場
TEL 0846-28-0179(吉名事務所)  FAX 0846-28- 0580
Eメールarita@kyosai.or.jp
申し込みは、所定の用紙(チラシ裏面)で。

東広島・西条をご来訪される多くの皆さまに、酒蔵などの酒造施設群を通して風情のある街並みや日本酒文化にふれていたきます。酒蔵は平日はもちろんですが、全てではありませんが土曜・日曜・祝日にも営業してお酒の試飲などが楽しめるようになっています営業している酒蔵は、目印としてようこそ醸華町西条看板(下)を置いており、周辺の飲食店、土産店なども、皆さまのご来店をお待ちしています。

お願い ボランティアガイドを利用しない場合は、事前に蔵元へ見学希望の連絡をしてください。ボランティアガイド利用の場合はガイドが連絡を取ります。ご理解のほど、なにとぞよろしくお願いいたします。

※予定は変更になることがあります。あらかじめご承知おきください

キャプチャ1123-24.PNG

問い合わせは、各蔵元および

西条酒蔵通り観光案内所 TEL 082-421-2511
(10時~16時、月曜日休/月曜日が祝日の場合は翌日)へ。

↓ この看板が目印です

酒蔵開放看板 低解像度.JPG

東広島市内各所に点在する土塁や堀を伴う小規模な館跡である「土居屋敷跡(どいやしきあと)」は、中世以降の西条盆地一帯の政治や生活文化を特徴づける文化財です。この土居屋敷跡と中世の城館からの出土品を展示して比較し、「土居屋敷跡」がもつ特色や性格を明らかにします。

2019-doiyashikiato.jpg
クリックでPDF資料をご覧になれます。

【期間】
令和元年11月15日(金)~12月21日(土)
9:00~16:30 ※入館は16:00 まで

【会場】
東広島市出土文化財管理センター1階展示室(東広島市河内町中河内651番地7)
※駐車場あり(23台可能)

【主な展示遺跡】(予定)
▽荒谷土居屋敷跡(東広島市西条町上三永)▽上泓土居屋敷跡(東広島市西条町上三永)▽寺家城跡(東広島市西条町寺家)▽城仏土居屋敷跡(東広島市八本松飯田)▽土居遺跡(東広島市八本松飯田)▽御土居遺跡(東広島市高屋町白市)

【問い合わせ】
東広島市役所教育委員会 生涯学習部文化課東広島市出土文化財管理センター
TEL 082-420-7890  FAX 082- 437- 0320
Eメールhgh207890@city.higashihiroshima.lg.jp

東広島・西条をご来訪される多くの皆さまに、酒蔵などの酒造施設群を通して風情のある街並みや日本酒文化にふれていたきます。酒蔵は平日はもちろんですが、全てではありませんが土曜・日曜・祝日にも営業してお酒の試飲などが楽しめるようになっています営業している酒蔵は、目印として「ようこそ醸華町西条」看板(下)を置いており、周辺の飲食店、土産店なども、皆さまのご来店をお待ちしています。

お願い ボランティアガイドを利用しない場合は、事前に蔵元へ見学希望の連絡をしてくださいボランティアガイド利用の場合はガイドが連絡を取ります。ご理解のほど、なにとぞよろしくお願いいたします。

※予定は変更になることがあります。あらかじめご承知おきください

1115キャプチャ.PNG

問い合わせは、各蔵元および

西条酒蔵通り観光案内所 TEL 082-421-2511
(10時~16時、月曜日休/月曜日が祝日の場合は翌日)へ。

↓ この看板が目印です

酒蔵開放看板 低解像度.JPG

 

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2