東広島・西条をご来訪される多くの皆さまに、風情のある街並みや日本酒文化にふれていただくため、平日はもちろんですが、土曜・日曜・祝日にも酒蔵を開放しています開放している酒蔵は、目印として「ようこそ醸華町西条」看板(下)を置いており、周辺の飲食店、土産店なども、皆さまのご来店をお待ちしています。

お願い ボランティアガイドを利用しない場合は、事前に蔵元へ見学希望の連絡をしてください。ボランティアガイド利用の場合は、ガイドが連絡を取ります。ご理解のほど、なにとぞよろしくお願いいたします。

酒蔵会社

12月8日(土)

12月9日(日)

KAMOIZUMI
賀茂泉酒造
℡082-423-2118


10:00-17:00酒泉館


10:00-17:00酒泉館

FUKUBIJIN
福美人酒造
℡082-423-3148


9:30-16:30


9:30-16:30

KIREI
亀齢酒造
℡082-422-2171


9:00-16:00昼休有


10:30-16:00

KAMOTSURU
賀茂鶴酒造
℡082-422-2121


9:00-16:00


9:00-16:00

SAIJOTSURU
西條鶴醸造
℡082-423-2345


11:00-17:00


11:00-17:00

HAKUBOTAN
白牡丹酒造
℡082-422-2142


10:30-16:00


10:30-16:00

SANYOTSURU
山陽鶴酒造
℡082-423-2055


13:00-17:00

※予定は変更になることがありますので、あらかじめご承知おきください。
問い合わせは、各蔵元および西条酒蔵通り観光案内所 TEL 082-421-2511
(10時~16時、月曜日休/月曜日が祝日の場合は翌日)へ。

 ↓ この看板が目印です

酒蔵開放看板 低解像度.JPG

東広島を舞台にした映画「恋のしずく」の瀬木直貴監督が、東広島の魅力や映画を通したまちづくり、そして「恋のしずく」撮影秘話を語ります。

2018-segi-kouenkai.jpg
クリックでPDF資料をご覧になれます。

【日時】
平成30年12月16日(日)13:00~15:00(12:00開城)

【会場】
近畿大学工学部多目的ホール(東広島市高屋うめの辺1番)
※可能な限り交通公共機関で来場を

【定員】
800人

【申し込み・問い合わせ】
事前に東広島市教育委員会生涯学習課へ電話・FAX・メールで申し込む。メールの場合は、タイトルに「東広島学特別講演会」、本文に参加される代表者の氏名と人数を入力して送信。※当日参加も可能
東広島市教育委員会生涯学習課
TEL 082-420-0302 FAX 082-422-1610
mail:hgh200979@city.higashihiroshima.lg.jp

日本には、1月1日(元日)の日の出を初日の出として拝む習慣があります。1年に一度の最初の夜明けは特にめでたいとされ、初日の出参りを行う人は数多くいます。平成31年、平成最後の年の新しい1年の夜明けをみんなで迎えませんか。東広島商工会議所青年部の伝統行事です。

2019-ryuouzan-p.jpg
クリックでPDF資料をご覧になれます。

【日にち・場所】
平成31年1月1日(祝・火)
龍王山(東広島市西条町、標高575m/JR西条駅北側、憩いの森公園の北)

【集合場所・時間】
御建神社(JR西条駅北側)に集合。5:00頃に出発。日の出は7:15頃。
※少雨決行。悪天候で中止となる場合もあり。中止のときは、前日午後8時に東広島商工会議所青年部ホームページ(http://www.hhyeg.jp/)で告知

【恒例行事】
餅つき・餅まき、ふるまい酒(鏡開き)、かす汁・お汁粉の振る舞いなど。お土産は、お年玉とミカン。大絵馬祈願などもあります。

【問い合わせ】
TEL 082-420-0302(東広島商工会議所)

酒蔵通り 12月のイベント情報

酒蔵通り・酒蔵地区で開催されるイベント情報を満載。「酒蔵おすすめ情報」「くぐり門情報」も随時掲載します。


2018_eve12.jpg
クリックでPDF資料をご覧になれます。

★A3ポスター ★A4チラシ 

【期間】

平成30年12月1日(土)~12月31日(月)
※平成31年1月からの主な行事予定も掲載しています。

【場所】
西条・酒蔵通り一帯

【問い合わせ】
各主催者・団体へ
※くぐり門だよりでは、酒蔵通りに限らず市内のイベント情報を募っています。掲載は無料。掲載希望団体・グループは(公社)東広島市観光協会まで連絡してください。なお、必ずしもご希望に添えない場合もありますので、あしからずご了承ください。
TEL 082-420-0310
Eメールoffice@hh-kanko.ne.jp 件名に「くぐり門だより」と記してください。

東広島・西条をご来訪される多くの皆さまに、風情のある街並みや日本酒文化にふれていただくため、平日はもちろんですが、土曜・日曜・祝日にも酒蔵を開放しています。開放している酒蔵は、目印として「ようこそ醸華町西条」看板(下)を置いており、周辺の飲食店、土産店なども、皆さまのご来店をお待ちしています。

お願い ボランティアガイドを利用しない場合は、事前に蔵元へ見学希望の連絡をしてください。ボランティアガイド利用の場合は、ガイドが連絡を取ります。ご理解のほど、なにとぞよろしくお願いいたします。

酒蔵会社

12月1日(土)

12月2日(日)

KAMOIZUMI
賀茂泉酒造
℡082-423-2118


10:00-17:00酒泉館


10:00-17:00酒泉館

FUKUBIJIN
福美人酒造
℡082-423-3148


9:30-16:30


9:30-16:30

KIREI
亀齢酒造
℡082-422-2171


9:00-16:00昼休有


10:30-16:00

KAMOTSURU
賀茂鶴酒造
℡082-422-2121


9:00-16:00


9:00-16:00

SAIJOTSURU
西條鶴醸造
℡082-423-2345


11:00-17:00

HAKUBOTAN
白牡丹酒造
℡082-422-2142


10:30-16:00


10:30-16:00

SANYOTSURU
山陽鶴酒造
℡082-423-2055


13:00-17:00

※予定は変更になることがありますので、あらかじめご承知おきください。
問い合わせは、各蔵元および西条酒蔵通り観光案内所 TEL 082-421-2511
(10時~16時、月曜日休/月曜日が祝日の場合は翌日)へ。

 ↓ この看板が目印です

酒蔵開放看板 低解像度.JPG

冬の定番(!?)、「冬季限定 のん太のイルミネーション」が今年も登場! 冬本番のクリスマスシーズンから、一陽来福の春分の頃までJR西条駅前で、東広島市観光マスコットのん太が皆さんをお出迎えします。一緒に記念撮影をしたり、SNSへ投稿するなどして東広島市を全国に発信してくださいね。

2018-kirakiranonta-l.jpg

【期間】
平成30年12月15日(土)~平成31年3月21日(祝・木)
※点灯時間は17:00~23:00

【場所】
JR西条駅前(東広島市西条本町12-3)

【問い合わせ】
TEL 082-420-0310(公益社団法人東広島市観光協会)

東広島市美術展は、「文化の香り高いまち」の創造を目指して始まった美術展です。Ⅲ期展では彫刻、工芸、写真、デザインを展示します。会期は12月8日(土)~12月23日(祝・日)です。

【会期】
平成30年12月8日(土)~12月23日(祝日)
開館時間は10:00~17:00(入館は16:30まで)

【会場】
東広島市立美術館(東広島市八本松南2丁目1番3号)

【内容】
彫刻、工芸、写真、デザイン各部の入賞・入選作品及び審査員招待作品の合計48点を展示。優秀賞は、彫刻が山崎友鈴さん(西条)、工芸が光保智惠子さん(安芸津)、写真が稲和典さん(三原市)、デザインが旭天一美さん。

【入館料】
一般100円(150円)、大学生70円(50円)、高校生以下は無料 ※( )は20人以上の団体料金 

【問い合わせ】
TEL 082‐428‐5713(東広島市立美術館)

【主催】東広島市教育委員会

東広島市が、市の特長である「日本酒文化・歴史」「西条酒蔵通り」「豊かな自然や食」等の地域資源を活かした魅力ある観光地づくりのため、新たに「東広島市観光総合戦略」を策定することとし、案に対して各方面からの意見を計画に反映させるために意見公募(パブリックコメント手続)を実施します。詳しくは、同市のホームページ「パブリックコメント手続(意見公募)制度について」から「東広島市観光総合戦略(案)のパブリックコメント(意見公募)について」へ。

名前風景編「安芸津の四季」、イベント編「安芸津の祭り

瀬戸内海が望める東広島市安芸津町は、温暖な気候と豊かな自然に包まれ、四季折々に様々な表情を見せてくれます。安芸津町観光協会がその一部を動画で紹介しています。同協会が観光PR動画を作ったのは初めてです。

(1)名前風景編「安芸津の四季」
■正福寺山公園の桜
JR安芸津駅から線路沿いに東へ約400m、正福寺の奥。嶺一帯には約1200本のソメイヨシノが植えられています。見ごろは4月10日前後。
■ハート島(小芝島)
瀬戸内海国立公園に指定。隣の大芝島からの景観がハートの形に似ていることから、近年ハート島と呼ばれています。
■赤崎のじゃがいも畑
春、秋と二期作のジャガイモはマル赤の隠れたブランド。なだらかな山腹に広がる畑は赤土でおおわれており一見に値します。見ごろは春。一面に白い花が咲き誇ります。
■糸谷の滝(夫婦滝)
三津市の畑、昭和池の上流にあります。二筋の滝が分かれて落水する様が、夫婦滝の由来でしょうか。
■大田神明祭(とんど)
町内各地域で行われるとんどですが、大田地区のものは町内で最も大きな飾りつけがされています。
※安芸津の四季 https://youtu.be/VEgMNSeDZMc

(2)イベント編「安芸津の祭り」
■三津祇園祭
毎年7月初めに、JR安芸津駅前の御旅所から印内の素鵞神社まで練り歩く行列は、神役・神輿・毛槍奴が「神木瓜(かんもっこ)」の調子に合わせて進みます。(市重要無形民俗文化財)
■住吉神社大祭
7月28日、29日に開催。管弦祭も行われていましたが、現在船は使われていません。最近は「東広島花火大会」と同時開催となり、メインは花火です。また、商店街による見立て細工は120年余りの伝統を持ちます。
■重松神社秋季例祭
10月第3日曜日の例祭では、大名行列が、神賑行事として行われます。行列は、囃子だけでなく、奴が伊勢音頭を唄いながら、神社からお旅所までわずか150mほどの距離を約4時間かけてゆっくりと進みます。
■火とグルメの祭典あきつフェスティバル
11月、保野山で「万」文字焼が行われ、海面に万文字が映える光景は見事。会場メインステージでは歌や踊り、コンサートなどが披露され、グルメコーナーでは地元の産物を使った食が楽しめます。
■祝詞山八幡神社の神賑行列
10月第1日曜日の秋季大祭当日に行われる「神賑行列」は、神輿に続き、挟箱・毛槍を振る奴や笛太鼓の鳴物、鬼など総勢130人に及ぶ行列になります。(東広島市重要無形民俗文化財)
※安芸津の祭り https://www.youtube.com/watch?v=x41F24iFDaM

広島で評判の美味しいパン屋さん、コーヒー店が一堂に集う「パン&コーヒーマルシェ」の第2弾です。

pancafe.jpg
クリックでPDF資料をご覧になれます。

【日時】
平成30年12月15日(土)・16日(日) 10:00~15:00

【会場】
道の駅湖畔の里福富 (東広島市福富町久芳1506)

【内容】
パン、コーヒーのマルシェのほか、ピザやワインなどのグルメブース、この日だけのクリスマス限定ギフトの販売やプレセントにぴったりのオシャレな雑貨など。音楽LIVEも盛りだくさん。

【入場料】
無料

【問い合わせ】
TEL 082-435-2110(道の駅湖畔の里福富)
HP http://www.fukutomi.net/

【主催】オスカー管財㈱指定管理 道の駅福富事業部

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2