市制40周年記念「木版表現の広がり-吹田文明と小林敬生の世界-」

開館以来近現代版画の収集を重点的に行っている東広島市立美術館は、版画作品が全収蔵作品の3分の2を占めます。その中でも、吹田文明氏、小林敬生氏は一大コレクションです。

mokuhan-hyougen.jpg
クリックでPDF資料をご覧になれます。

【会期】
平成26年5月10日(土)~6月22日(日) 休館日/月曜日
開館時間/10:00~17:00(入館は16:30まで)

【会場】
東広島市立美術館(東広島市八本松南2-1-3)

【展示内容】
市制40周年記念して、東広島市立美術館が一大コレクションを誇る木版画家の吹田文明氏、小林敬生氏の作品約80点を展示します。吹田氏は、星や花火などをモチーフに多彩な色を取り入れた版画が特徴。サンパウロ・ビエンナーレで、棟方志功、浜口陽三につぐ日本で3番目の最高賞を受賞した。小林氏は、版木を輪切りにして使用するという素材の制約上、小さな作品が当然とされていた木口木版に大型化をもたらした。少年時代は、現在の東広島市豊栄町で過ごしている。

【入館料】
一般300(250)円、大学生200(150)円、高校生以下は無料
※( )内は20人以上の団体料金

【問い合わせ】
TEL 082-428-5713082-428-5713、FAX 082-427-3058082-427-3058(東広島市立美術館)
http://www.city.higashihiroshima.hiroshima.jp/site/5

【主催】東広島市立美術館

≪関連企画≫
(1)市制40周年記念対談「吹田文明×小林敬生 木版表現の世界を語る」
日時:平成26年5月31日(土)14:00~
講師:吹田文明、小林敬生(出品作家)
コーディネーター:古谷可由((公財)ひろしま美術館学芸部長)
会場:東広島市立美術館
参加料:聴講は無料だが、別途入館料が必要
定員:100名(先着順)
応募方法:電話又はFAXで受け付
TEL 082-428-5713082-428-5713、FAX 082-427-3058082-427-3058(東広島市立美術館)
(2)アートアドベンチャー
内容:クイズ形式の作品鑑賞企画。来館時に受付へ申し込む
日時:展覧会期中
場所:東広島市立美術館
対象:小学生

このブログ記事について

このページは、のん太が2014年4月16日 07:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「東広島児童合唱団 第33回定期演奏会」です。

次のブログ記事は「酒蔵通り元気プロジェクト「酒蔵YOGA-水無月-」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。