第33回東広島の史跡・文化財を見て歩く会

毎年4月29日(昭和の日)に行われる東広島郷土史研究会の恒例行事。今回は東広島市・西高屋地区を巡ります。

nishi-takaya-history.jpg
クリックでPDF資料をご覧になれます。

【日時】
平成29年4月29日(祝・日)開会式:10:00、出発:10:15
※少雨決行

【集合(出発地点)・解散】
高美が丘小学校(東広島市高屋高美が丘4丁目1-1)

【コース】
高美が丘小学校を発着点とし西高屋地区を巡る約10kmのコース。関所(通行手形押印場所)ポイントは、①梵字岩(杵原集会所)②杉森八幡神社③高屋西小学校(昼食)④西品寺⑤胡麻古墳⑥高美が丘小学校。東広島市高屋町・東広島ニュータウン周辺の史跡や文化財を見て歩くことによって、文化遺産の知識と理解を深め、保存、継承の重要さを認識してもらう。参加者には、通行手形及び歩行コース、関所、史跡・文化財等の位置を示したガイドマップを配る。

【持参物】
弁当、飲み物、敷物、雨具

【参加費】 
大人500円、中学生以下無料
※駐車場あり。

【問い合わせ先】
TEL 090-4648-9237(蔵楽) TEL 080-1940-1741(天野)
http://higashihiroshimakyoudoshi.web.fc2.com/

【主催】東広島郷土史研究会
【協賛】(公社)東広島市観光協会ほか

このブログ記事について

このページは、のん太が2017年2月 3日 20:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【ART in 酒蔵】×【西条酒蔵芸術祭→ConnecT←】初の同時開催!」です。

次のブログ記事は「第27回 東広島ウィンドアンサンブル定期演奏会」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。