「トリエンナーレ東広島2017―郷土作家展―」

トリエンナーレ東広島は、東広島市美術展を支える無鑑査作家の作品を紹介し、東広島市美術展への理解を深める、3年ごと(トリエンナーレ形式)に開催する展覧会です。

2017_triennale.jpg
クリックでPDF資料をご覧になれます。

【会期】

平成29年9月30日(土)~10月15日(日)
休館日:10月2日(月)、10月10日(火)
10:00~17:00(入館は16:30まで)

【入館料】
 一般200円(150円)、大学生150円(100円)、大学生以下無料
 ※( )内は20人以上の団体料金
 
【会場】
 東広島市立美術館(東広島市八本松南2‐1‐3)
 
【内容】
東広島市を創作の拠点とし、絵画、彫刻、デザイン、書、工芸、写真の各分野で活躍する無鑑査作家の作品54点を展示する。

【問い合わせ】
TEL 082‐428‐5713  FAX 082‐427‐3058(東広島市立美術館)

【主催】東広島市立美術館

このブログ記事について

このページは、のん太が2017年10月 5日 18:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「酒蔵通り 10月のイベント情報」です。

次のブログ記事は「「火とグルメの祭典あきつフェスティバル」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。