第47回郷土史展 東広島の150年~酒都西條のあゆみ~

明治元(1868)年から数えると平成30(2018)年は150年。この間、酒造業の町として発展してきた東広島市の歩みを振り返り、若い世代に"酒都西条のあゆみ"を伝承します。

2018-kyoudoshiten.jpg
クリックでPDF資料をご覧になれます。

【日時】
平成30年9月26日(水)~10月1日(月) 9:00~17:00

【会場】
東広島芸術文化ホールくらら1階 市民ギャラリー(東広島市西条栄町7番19号)

【展示内容】
年表(東広島市の150年、西条酒の歴史)、酒造業功績者(相関図、12名の功績者紹介)、酒造会社紹介(現存する酒造会社、戦後にあった酒造会社)、酒蔵煙突写真、酒蔵群地図・航空写真など。そのほか、お宝・貴重資料として酒造会社お宝、各社の酒ラベル、ポスター・広告なども展示する。

【入場料】
無料

【問い合わせ】
TEL 090-7979-6234(担当・國松宏史)

【主催】東広島郷土史研究会

このブログ記事について

このページは、のん太が2018年8月31日 18:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「東広島ウィンドアンサンブル酒まつりコンサート」です。

次のブログ記事は「kaku-書 第2回大筆パフォーマンス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。