3日間で短編映画を撮る!東広島映画学校を開校します

東広島市を主舞台にした公開中の映画「恋のしずく」の瀬木直貴監督ら第一線で活躍する映画人が講師となって、映画の企画立案から脚本づくり、撮影、編集、録音、音付け、試写会といった映画製作の一連の作業を3日間で学びます。東広島市で本格的に映画づくりが学べる映画学校の開催は初めて。

2019-filmworkshop.jpg
クリックでPDF資料をご覧になれます。

【日時】
平成31年2月9日(土)10:00~18:00、10日(日)9:00~18:00・11日(祝・月)9:00~17:00

【場所】
東広島芸術文化ホールくらら(東広島市西条栄町7番19号) 

【内容】
9日/企画会議・脚本制作・撮影講座、10日/撮影・編集、11日/音付け・試写会

【参加資格】
中学生以上(未成年の場合は保護者の同意が必要)

【定員】
15人

【参加費】
2000円(税込)※3日間の昼食代・保険代として

【講師】
映画監督・瀬木直貴氏ほか。自然や地域コミュニティーをモチーフにした作品に定評がある瀬木氏の主な監督作品は、「カラアゲ★USA」「ラーメン侍」「Mother Lake」など。エッセイスト、環境・人権に関する講演活動、各地のまちづくりアドバイザーも務めている

【申し込み】
東広島市観光振興課(TEL 082-420-0941  FAX 082-422-5805 Eメール hgh200941@city.higashihiroshima.lg.jp)
〒739-8601東広島市西条栄町8番29号

【問い合わせ】
東広島市観光振興課およびソウルボート(TEL 03-5577-4502  Eメール info@soul--boat.com)

【主催】東広島市、ソウルボート株式会社
【特別協賛】マイクロン財団

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2

このブログ記事について

このページは、のん太が2018年12月19日 23:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「酒都・西条の酒蔵通り成人記念写真館inくぐり門」です。

次のブログ記事は「東広島発!元気になる食と農」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。