2019年度中国四国地区生物系三学会合同大会広島大会 公開講演会「バイオリソースの現状と未来 -貴重な生物材料を広島から世界へ-」

広島大学東広島キャンパス・理学研究科で中国四国地区生物系三学会合同大会が行われ、令和元年5月11日(土)に一般の人も無料で参加できる公開講演会が開催されます。

【日時】
平成31年5月11日(木)19:00~20:40(予定) ※18:15開場

【会場】
広島大学東広島キャンパス理学研究科E棟(東広島市鏡山1丁目3番1号)

【入場料】
無料(事前申し込み不要)

【内容】
▽出口博則氏(服部植物研究所・(株)建設環境研究所・広島大学総合博物館)「広島大学植物標本庫,歴史を紡いで90年―特色ある標本庫,コケの研究とその資産」 ▽草場信氏(広島大学大学院統合生命科学研究科附属植物遺伝子保管実験施設)「キク属モデル系統の開発と分子遺伝学的多様性研究への基盤」 ▽荻野肇氏(広島大学両生類研究センター)「「ネッタイツメガエルバイオリソースの展開とその進化発生研究への応用」

【問い合わせ】
メール:3bio.societies@gmail.com
https://sites.google.com/view/3biosocieties

【主催】中国四国地区生物系三学会合同大会 広島大会準備委員会

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2

このブログ記事について

このページは、のん太が2019年4月12日 17:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「土曜・日曜・祝日の酒蔵営業時間 平成31年4月13日(土)・14日(日)」です。

次のブログ記事は「西条ロータリークラブ創立55周年記念事業・西日本豪雨災害チャリティーコンサート「オーケストラと夢の共演」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。