土石流の被害を防ぐ実証実験プロジェクトで広島大学がクラウドファンディング

平成30年7月豪雨災害のような、土砂災害と洪水、内水氾濫が複合的に発生し、広範囲に被害をもたらす「相乗型豪雨災害」のメカニズム解明を進め、新たな土石流の予測技術と予防技術につなげる研究に対し、広島大学がクラウドファンディングを募っています。広島大学への寄附に対しては、確定申告を行うことで税制上の優遇措置が受けられます。

2020-bousai-gagarayama.jpg
クリックでPDF資料をご覧になれます。

【プロジェクト名】
「土石流の被害を防ぐ。広島ががら山実証実験プロジェクト、始動。」
https://readyfor.jp/projects/bousai-gagarayama

【目標金額】
300万円

【寄附募集期間】
令和2年1月16日(木)午後11:00まで

【研究の概要】
「ががら山実証実験プロジェクト」では、山の中に観測ポイントを設けて、気象、地下水、地形の基礎データを蓄積。今回のクラウドファンディングで1カ所を整備し、その結果を踏まえて、公的な資金による大規模な研究を実施する。

【プロジェクトの詳細、支援の申し込み】
READYFOR のウェブサイト https://readyfor.jp/pp/hu から
税制上の優遇措置は https://www.hiroshima-u.ac.jp/iagcc/katudou/kifu/tax

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2

このブログ記事について

このページは、のん太が2019年12月 9日 12:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「東広島商工会議所青年部 令和2年元旦 龍王山初登頂」です。

次のブログ記事は「土曜・日曜・祝日の酒蔵営業時間 令和元年12月14日(土)・15日(日)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。