第28回東広島市美術展・後期展

東広島市美術展は、「文化の香り高いまち」の創造を目指して始まった美術展です。後期展では、書、工芸、写真を展示します。

【会期】
平成27年11月21日(土)~12月6日(日)
※開館時間は10:00~17:00(入館は16:30まで)
※休館日は月曜日

【会場】
東広島市立美術館(東広島市八本松南2丁目1番3号)

【内容】
書、工芸、写真各部の入賞・入選作品及び審査員招待作品を展示。入選作品は、書漢字28点(優秀賞1点、奨励賞3点を含む)、書仮名10点(優秀賞1点、奨励賞1点を含む)、書前衛など11点(優秀賞1点、奨励賞1点を含む)、工芸9点(奨励賞2点を含む)、写真21点(優秀賞1点、奨励賞2点を含む)。招待作品を出品する審査員は、書が岡西克典、下竹白鳳、新居新月、世木田江山、大室蒼穹の5氏、工芸が西本直文、南昌伸の2氏、写真が秋田隆司、大村博の2氏。

【入館料】
一般200円(150円)、大学生150円(100円)、高校生以下は無料
※( )は20人以上の団体料金 

【問い合わせ】
TEL 082-428-5713(東広島市立美術館)

【主催】東広島市教育委員会

このブログ記事について

このページは、のん太が2015年11月16日 19:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「平成27年度出土文化財展「戦国時代の平賀氏と小早川氏」」です。

次のブログ記事は「くぐり門まちあそび講座「ミニ門松つくり」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。