平成27年度出土文化財展「戦国時代の平賀氏と小早川氏」

賀茂・豊田郡域の領有をめぐって、長く争いを繰り広げた国人領主・平賀氏と小早川氏の関係城館遺跡から出土品や、平賀家に伝来した当時を物語る史料を展示しています。

sengoku-b.jpg
クリックで画像を拡大


【会期】
平成27年11月2日(月)~12月5日(土)※日曜休館(土曜・祝日は開館)
開館時間は9:00~16:30(入館は16:00まで)

【会場】
東広島市出土文化財管理センター1階展示室(東広島市河内町中河内651番地7)

【内容】
東広島市内、周辺市域の城館遺跡から出土した陶磁器類の展示。主な展示遺跡は、①御土居遺跡(高屋町白市)②薬師城跡(河内町入野)③上条城跡(高屋町小谷)④小梨城跡(竹原市小梨町)⑤正広城跡(三原市本郷町)⑥天神山城跡(同)⑦三太刀遺跡(同)

【入館料】
無料

【問い合わせ】
TEL 082-420-7890(東広島市出土文化財管理センター)

【主催】東広島市教育委員会東広島市出土文化財管理センター

このブログ記事について

このページは、のん太が2015年11月10日 17:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「東広島教育の源流を探る」教育フォーラム-千葉命吉・檜高憲三と西条教育に焦点をあてて-」です。

次のブログ記事は「第28回東広島市美術展・後期展」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。