第29回東広島市美術展・後期展

東広島市美術展は、「文化の香り高いまち」の創造を目指して始まった美術展です。後期展では、書、工芸、写真を展示します。

【会期】
平成28年11月12日(土)~11月27日(日)
開館時間は10:00~17:00(入館は16:30まで)

【会場】
東広島市立美術館(東広島市八本松南2丁目1番3号)

【内容】
書、工芸、写真の部の入賞・入選作品及び審査員招待作品を展示。入選作品は、書・漢字20点(優秀賞1点、奨励賞2点を含む)、同・仮名10点(優秀賞1点、奨励賞1点を含む)、同・前衛など4点(優秀賞1点を含む)、工芸11点(優秀賞1点、奨励賞1点を含む)、写真22点(優秀賞1点、奨励賞2点を含む)。招待作品を出品した審査員は、書が玖島秀谷、杉岡陽水、友宗杉径、夏目暢子、重本天空の4氏、工芸が古庵千恵子氏、写真が野木原和子、松浦和之、西尾弘の3氏。

【入館料】
一般200円(150円)、大学生150円(100円)、高校生以下は無料 ※( )は20人以上の団体料金 

【問い合わせ】
TEL 082-428-5713(東広島市立美術館)

【主催】東広島市教育委員会

このブログ記事について

このページは、のん太が2016年11月 4日 17:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「工芸 未来~工芸と暮らしの新しい形!~伝統工芸展」です。

次のブログ記事は「酒蔵通り 11月のイベント情報」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。