酒蔵通りでエコミュージアムを行うとしたら!?-広島大学総合科学部・エコミュージアム論演習の成果報告会-

酒蔵通りを歩いた広島大学総合科学部の学生が、『酒蔵通りをエコミュージアムにするとしたら』という構想を描きます。発表の場を、大学キャンパスから初めてまちなか(酒蔵通り)に変えて一般の人から直接、意見や感想をもらいます。「酒蔵通りにあまり出て来ない」と言われる広大生が、酒蔵地区をどう見たのでしょうか-。

【日時】
平成31年2月8日(金)13:00~16:00

【場所】
西条酒蔵通り観光案内所2階(くぐり門/東広島市西条本町17-1) 

【内容】
「酒蔵通りでエコミュージアムを行うとしたら!?」をテーマに、3グループ(学生は計16人)から3件の報告があります。エコミュージアムは、地域を丸ごと博物館とみなす地域づくり・地域学習の考え方で、各地でその発想の一部が実際のまちづくりに取り込まれています。

【問い合わせ】
Eメール: toasano@hiroshima-u.ac.jp(広島大学総合科学研究科、淺野敏久教授)

【主催】広島大学総合科学部

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2

このブログ記事について

このページは、のん太が2019年1月17日 17:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「東広島ライオンズクラブ・東広島ウエストライオンズクラブ 合同献血アクティビティ」です。

次のブログ記事は「広島大学マスターズ市民フォーラム:「東広島の景観と文化遺産を考えよう:西条酒蔵通りから」-日本の20世紀遺産20選認定(ICOMOS)を記念して-」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。